ドッグフード選びで知っておきたい原材料

ドッグフードにダニの危険!?

愛犬のごはんにドライのドッグフードを与えている方は多いでしょう。安売りをしているタイミングで大量に買い込み、ストックしている・・・という方がほとんどではないでしょうか。

ここで気を付けなくてはいけないのが、ダニです。小麦粉などの粉類や、米も同じですが、こうしたものを保存していると、ほぼ確実にダニがわいてしまうのです。大きな袋からカップで1回分の量を取り、お皿に入れている場合は、ダニがついていても気づくことさえできません。こうしたダニがわいたフードを食べることで、アレルギーを発症してしまうワンちゃんもいるそうです。

実際、安価なフードでは、ダニがわかないように大量の添加物を入れているものもあるのだとか。たとえアレルギーにならなかったとしても、ダニのついたフードをワンちゃんにあげるのは絶対嫌ですよね。

これを防ぐためには、開けたフードは口を閉じて冷蔵庫に入れるのがベストです。冷蔵庫にそんな余裕のない方は、小分け包装されているフードを選ぶのが良いでしょう。一度に使い切れば安心ですね。ドライフードは、封を開けた瞬間から酸化が進みますので、それを避けるためにも、このような方法を取ることで安心安全なフードをワンちゃんに与えることができるのではないでしょうか。

ワンちゃんがよく食べてくれるフードを選ぶだけで安心してしまうのではなく、その先のワンちゃんの健康まで気を遣ってあげたいものです。

↑go to top